青クマ・茶クマ・黒クマを解消するには

クマ撃退法

今まで、クマはどうやったらできるか、そしてどんなクマがあるのか学んできましたが、このページでは、そのクマをなくすための方法をご紹介したいと思います。

 

青いクマの場合

青いクマの最大の原因は血行不良です。
パソコンやゲームを長時間していることはないですか?目はまばたきをすることで目のまわりの筋肉を動かし、血液を流すポンプの役割をします。
しかし、パソコンやゲームをするために画面を見つめている間は極端にまばたきが減るため血行が非常に悪くなり、ドライアイや目の疲れ、そしてクマの原因となるのです。
パソコンやゲームをする時は一時間に一回程度の休憩をとりましょう。画面から目を離して目を休ませ、目の調整機能を整えるために窓の外の遠くの景色を見たり、目を大きく見開いたり閉じたりするフェイスストレッチをして、固まっていた目のまわりの筋肉をほぐしてあげるのが良いでしょう。また目自体を上下左右に大きく動かすのも効果的です。

 

また、自宅に帰ってきてからのケアとして蒸しタオルによるホットパックもオススメです。
濡らしたタオルを電子レンジで温め、蒸しタオルを作ります。この蒸しタオルで5〜8分ほど目を覆います。
血行が良くなり、緊張していた目の周りの筋肉がリラックスして疲れていた目が軽くなるのが感じられます。
蒸気で目のまわりの皮膚も柔らかくなり、化粧水も入りやすくなります。アイクリームをした後にするのも効果的です。
また、お酒を飲んだ次の日などの朝、目のむくみがひどい場合は、このホットパックと冷たい水で冷やした濡れタオルを交互にあてると肌が引き締まり、むくみが早く取れます。お試しあれ!?
最近では蒸気が出る使い捨てのホットパックもありますが、こちらは気軽に使えるだけではなく、濡れタオルほど目のまわりが濡れないので、美容液やクリームの浸透をよくするためのパックとしても使用できます。手持ちの目元用美容液やアイクリームをたっぷりと塗り、このアイマスクをするだけです。
目元の皮膚は非常に薄く繊細なためトラブルを起こしやすく、シワやたるみにより年齢が出やすい部分です。日頃から積極的にケアすることで、エイジレスな魅力を手に入れましょう。

 

茶色いクマ

茶色いクマの場合は色素沈着が原因です。
クマが慢性化することも原因の一つなので、上記の青クマの対策法を試す他、目元に刺激を与えないように心がけましょう。詳しくは『クマに効果的な生活習慣』をチェックしてみて下さい。
その他、美白アイテムを取りいれるのも効果的です。美白効果のあるアイクリームも市販されていますので、それらを使用し、優しく優しくケアしましょう。目元へのマッサージは悪化の原因になる場合があるため、ツボ押しがオススメです。黒目の真下、骨のきわ部分を人差し指、中指、薬指で押さえ、ゆっくりと押します。力を抜いて、またゆっくりと押します。これを三回繰り返しましょう。目元の血行を促進します。けして強くは押さないように気をつけましょう。
また、アイケアのための美容液やアイクリームを使用する場合、先に上記の蒸しタオルによるホットパックを行うことで血行が良くなるだけではなく、皮膚が柔らかくなり有効成分が浸透しやすくなります。

 

黒いクマ

黒いクマは肌の老化やゆるみが主な原因です。乾燥が大敵のため、毎日の保湿を心がけましょう。
また、リフトアップや引き締め効果のあるエイジングケアアイテムを積極的に取り入れることが重要です。また、小じわが刻まれてしまっている場合は、毎日のスキンケアの際に化粧水をコットンに浸み込ませたコットンパックがオススメです。是非コラーゲンやビタミンK、C、レチノールなどの美肌に有効な成分をサプリメントなどで補い、内側からのケア