クマ解消のために原因を知ろう

あなたのクマの原因は?

さて、このページでは、私達を悩ますクマがなぜできるのかを考えていきましょう。

 

「寝不足でクマができる」というイメージは多くの方が持っていると思いますが。
なぜ寝不足でクマができるのでしょうか?

 

目のまわりには多くの毛細血管が通っており、そこに血液が流れて目に栄養や酸素を送り込みます。
目のまわりの皮膚はとても薄く繊細なため、トラブルが非常に起きやすいパーツです。
皮膚そのものが黒ずんだりたるみが出る他、皮膚が薄いがために皮膚の下を流れる血液やリンパの様子がなんと透けて見えてしまうのです。

 

睡眠不足になると体の血行が悪くなります。
血行が悪くなると血液中に新鮮な酸素を送ることができず、血液自体、そして血管が黒ずみます。
目の下は皮膚が薄いため、この黒ずんだ毛細血管の色が透けてクマとなるのです。
色の白い人や皮膚の薄い人は特に顕著に現れます。

 

その他、この血行不良の原因となるものとして、目の疲れや体自体の疲労、その他、ストレスや冷えなどがあります。

 

また、生理中は基礎体温が低くなるため血行が悪くなりがちなので、クマが目立つようになります。
血行を良くするためにも、体を冷やさないように気をつけましょう。
また、クマがなかなか消えない場合、慢性的な冷え性な場合もあります。
クマを改善しようと目元のマッサージをしたりと、見える部分に気持ちがいきがちですが、クマを根本から改善するためには目元だけではなく、冷え性自体を改善したりと体全体のケアが必要になるのです。

 

また、あまりに目元の黒ずみがひどかったり、疲労感が強い、全体的に顔色が悪い、痩せてきた。
そのような症状がある場合、病気が原因の場合もあります。
貧血症の場合はクマが出ることが多いです。お医者様も貧血の診断をする場合、目をチェックします。
下まぶたをめくり、粘膜部分の皮膚の色に異常がないかどうかをチェックするのです。
その他、糖尿病、慢性の肝臓病・腎臓病、甲状腺の病気やバセドウ病の場合もクマが出る場合が多々あります。クマに気付くことが思わぬ病気の発見に繋がる場合もありますので、健康的な生活を心がけているにも関わらずクマが消えない場合は、軽く見ずに医師に相談をしましょう。

 

その他の原因としては加齢があります。
年齢を重ねていくと、皮膚の土台となるコラーゲン繊維が劣化すると皮膚がたるみます。これによって影のような黒いクマができるのです。
対策としては不足する肌に必要な成分を補うなど、肌対策が必要になります。
また、過度な目元へのメイクや、それを落とすためのクレンジングが肌の劣化を早める場合があります。メイクをする場合は出来るだけ刺激が少ないものを選び、専用のクレンジング剤で丁寧にメイクを落とすよう心がけるようにしましょう。
手間はかかりますが、毎日の積み重ねが大きな肌のダメージとして積み重なります。
歳を重ねてから刻まれる目元のシワや多少のクマは、その人が生きた証である年輪として魅力的でもありますが、それに抗いたいのであれば、現在目元の皮膚にハリがある場合でも早めの対策を心がけましょう。