クマを解消するための生活習慣

クマに効果的な生活習慣

中世ヨーロッパでは「肌が白い=非労働者である」という考えから、肌に害のある鉛や水銀が入った白粉をつけて化粧をしたりと、階級の高い人間ほど肌を白く見せる努力をしました。
19世紀には、より病弱に見せるためにわざと食事を抜き夜更かしをしたり、白い肌から透ける静脈を表現するための青い化粧をしたそうです。

 

確かに病弱で繊細な女性はかよわく、独特の美しさがあります。
しかし、そのような美しさが持てはやされた時代は終わりを告げました。

 

近代日本では極端に細く病弱な体や、厚く化粧をした作り物のような顔よりも、活き活きとした健康的な美しさが求められています。
そのためには「とりあえず美しく見せる」のではなく、健やかな生活習慣から生まれる本当の美が必要なのではないでしょうか。

 

このページでは、そんな健康美人になるための生活習慣やテクニックをご紹介したいと思います。

 

やはり必須、『規則正しい生活と食生活』!

まずは何と言っても基本中の基本。規則正しい生活と食生活です。
睡眠不足になると体の血行は悪くなり、その結果クマができます。
朝まで遊んだり勉強や仕事をしたり・・・と、一日や二日の寝不足であれば一時的な青いクマができる程度で済むでしょう。しかし、それが慢性化すると目のまわりは茶色くよどみ、簡単には解消できない茶色いクマが現れます。
しかし、仕事などの理由で毎日長時間の睡眠をとることが難しい場合もあるでしょう。
その場合は短時間でも質の良い眠りを得ることが必要となります。
たくさん寝ているはずなのに朝すっきりしない、ということはありませんでしょうか?
原因として考えられることをいくつか挙げていきましょう。

 

寝る前は電源オフして安らぎの時間を

寝る前にテレビやパソコン、携帯電話の画面を見ていませんか?
これらのものは神経を高ぶらせるため、寝付きが悪くなってしまいます。
ついついダラダラとテレビを見てしまったり、寝るギリギリまでメールチェックをしてしまうこともあるでしょう。できれば寝る前はそれらの行為は避け、照明もいつもよりも少し落として読書をするなど、ゆるやかに眠りにつく準備をしましょう。
また、寝る前に食べ物を食べてしまうと消化がしきれず、これも眠りを妨げる原因となります。寝る二時間前には食べることを避けるようにしましょう。

 

血、足りていますか?

貧血気味な人には青いクマができやすいと言われています。
病院で治療を受けることもできますが、日頃からレバーやホウレンソウ、ヒジキなどの鉄分が豊富な食物を積極的に食べたり、ヘモグロビンを作る働きがあるビタミンB6を含むインゲン、サツマイモ、大豆などを食事に取り入れることを心がけましょう。また、血行を促進するビタミンEを豊富に含んだアボガド、ゴマ、カボチャなども効果的で、さらにお肌にも良いためオススメです。

 

お肌に自身はありますか?

皮膚を良い状態に保つこともクマ対策には非常に重要です。
老化により、皮膚の土台となるコラーゲン繊維が劣化すると皮膚がたるみ、これが影のような黒いクマを作ります。ダイエットのしすぎで皮膚がたるんでしまったり、皮膚自体が薄くなっていることが原因の場合もあります。そのためには無理なダイエットをせず、また皮膚を薄くすることのないよう、目のまわりを繊細に扱いつつ、バランスの良い食事と共にコラーゲンを積極的に摂取していくことが必要です。
コラーゲンは例えドリンクを飲んでも即効性はないため、日頃から少しずつ摂取をしていくことが重要となります。鶏肉や鳥皮、魚の皮、そのほかゼラチンにも含まれています。
これらを食事に取り入れ、さらにビタミンCも一緒に摂ると効果的です。手軽に取り入れたい方はサプリメントを利用するのもオススメです。
また、色素沈着を起こさせないよう、一年を通してUVケアを行うように心がけましょう。

 

無表情がクマの原因に

また、目の下がぷくんと膨らんでたるむことによって目の下に陰ができることがあります。
これはその部分の筋肉が衰えてしまっていることによって、支えられなくなってしまったことが原因だと考えられます。あまり表情が豊かでない場合、筋肉は衰えやすくなります。
目元の筋肉が弱まるとクマができてしまうだけではなく、目力も弱まってしまいます。
目玉を大きく上下左右に動かしたり、目を大きく閉じたり開いたりするフェイスエクササイズを行い、表情を豊かにする表情筋肉を鍛えるようにしましょう。

 

マッサージ、しすぎてませんか?

クマのケアとして目のまわりのマッサージも効果的です。しかし、ここで要注意。
繊細な目元を強くマッサージすることで摩擦の力により、目の下が茶色く変色し茶クマになってしまうこともあります。マッサージをする場合はけして力を入れず、滑りをよくするためにマッサージクリームやオイル、アイクリームを使用し、優しく優しく行いましょう。

 

メイクは優しく落としましょう

また、メイクの落とし方も重要です。
濃いアイメイクの後、顔も目も全て一緒くたにゴシゴシクレンジングしていませんか?
顔の中でも目元は一番皮膚が薄く、敏感な部分です。ゴシゴシと動かす手の摩擦でダメージを受けるだけでなく、落ちたメイクが混ざったクレンジング剤でそのまま擦られることで刺激を受け、これもクマの原因となるのです。目元のメイクは専用のクレンジング剤やコットン、綿棒などを使用し、丁寧に落としましょう。

 

ストレス溜まっていませんか?

ストレスは自律神経の乱れを起こす原因となり、血行不良を招きクマの原因となります。
ストレスを溜めやすい自覚がある方は、ストレスがあると大量に消費されやすいビタミンCを積極席に摂取することも効果的です。
ビタミンCはコラーゲンの生成にも重要な栄養素です。サプリメントを摂取するほか、日頃から積極的に食事に取りいれるようにしましょう。

 

いかがでしょうか?
全ては難しくても是非毎日の生活に取り入れ、根本からのクマの改善を目指しましょう。